工房 蟻

工房 蟻

工房 蟻 の制作風景をのんびり綴っていきマス。

今週末、そして7月、8月のこと


明日21日はいよいよ夏至。


昨日の19:00すぎに綺麗な夕焼けを眺めながら


家族でそんな話をしました。



早いもので一年の折り返しの日。


さあ、後半戦!蟻もますます張り切ってまいります!!



それでは。


今週末から8月までの蟻のスケジュールをざざざっと


お知らせしてまいりたいと思います。







今週末6/23(土)紫波町オガールにて開催される


『オガール市』に参加させていただきます。


今回は、蟻のお洋服をつくる時に出るハギレで


バッグを制作している【さっくり】さんと一緒の出店です。


【さっくり】さんのお人柄がうかがえる優しい色合わせのバッグ、


どうぞお手にとってみてください。


蟻は「a piece シリーズ」よりバブーシュやガーランドなど。


大人気のリネンのハギレのパックをお持ちします。


土曜日、1日だけの早い者勝ち!


(※さっくりと蟻の出店は土曜日のみです)



他にも


LOTA.bagle(ベーグル)


OOD(ブラウニー)


自家焙煎珈琲豆 cafe’302(コーヒー)


陸中海産(海藻乾物、オリジナルグッズ)


はちすずめ菓子店(ビーガンアップルパイ、キッシュ)


などなど…


かなり楽しげな出店者さんです。


日曜日にはチリンとドロンのライブも。


週末はどうぞオガールにお越しくださいね♬












【 Ao i hoshi 】


工房蟻×佐々木龍大 in kasi-friendly


7月6日(金)7(土)8(日)


盛岡市鉈屋町に工房を構える藍染め作家佐々木龍大さんと


工房蟻のコラボレーション企画。


 


kasi-での工房蟻の展示会は2011年からスタートしました。


現在に至るまで、その着心地や風合いも含め、


蟻のお洋服を愛してくださるお客様がたくさん増えました。


蟻のお洋服は日々の生活に溶け込む日常着です。


じゃぶじゃぶと洗って、着て、洗って、着て、を何年も繰り返していると


どうしてもエージング(経年変化)が進み、色が薄くなってきます。


それはたくさん着てくださった証拠でもあるのです。


今回の企画では、佐々木龍大さんの染めの技術を活かし、


さらに美しく染め直して再生するという試み。


ぜひご自分だけの1枚を作り、そして慈しんで育ててください。


そして蟻のサンプルマーケットも同時開催します。


今まで展示会で使用したサンプルの一部をAo i hoshiプライスで販売します。


こちらは全て1点もの。数に限りがございますのでお早めにご覧ください。


kasi-friendly HP→
















8/2(木)~8/12(日)


工房蟻 秋冬 受注会


〈HAKAMA展〉




昨年より受注会を開催していただいている


山形 hakkasuiさんにて


リネンウールのアイテムを中心とした展示受注会を


今年も開いていただきます。


近郊の皆さま、どうぞよろしくお願い致します。




また2018SS受注会の制作も引き続き頑張っております。


大変お待たせしてます方々


あともう少しお時間いただきます。


ご迷惑をおかけしますが


どうぞよろしくお願いいたします。



さようなら、いわいずみ手仕事市。そして?


先週の暑さとは裏腹に、肌寒い週末。


初日は雨模様でしたが最後の手仕事市開催とあって


たくさんのお客さまが岩泉にいらしてくださいました。





手仕事の販売はもちろんのこと


〈つぴたあれいわいずみ実行委員会〉の皆さんが準備した


おもしろアトラクションも楽しみのひとつ。



今年はうれいら商店街に岩泉駅が出現。


駅長さんもしっかりお仕事しておりました。





岩泉駅から二升石駅まではドミノの線路





最後はパッカーーーンと、くす玉が割れる予定です。



そして、¥1,000-以上お買いものされたお客さまには


補助券きっぷをプレゼント、岩泉駅の駅長さんに渡すと


二升石駅までの来場証明書(硬券)がもらえます。







それを二升石駅(スーパーたけや前)まで持っていき抽選ができるという仕掛けも。


子供も大人も、そして駅長さんも!楽しそう。



優しい空気に包まれながら


お客さまも出店者さんもスタッフの皆さん、地元の方々も


最後の手仕事市を笑顔で堪能していらっしゃいました。



訪れるたびに色々なエネルギーをいただいているのですが


今回はこれ!





岩泉 小川地区にある『瀬戸屋旅館』女将さん特製のお弁当。


期待で高まった気持ちをなだめつつフタをあけると…


もう、いただく前から既に美味しい!!笑


この品数!岩泉の食材を


ふんだんに使ったお料理がぎっしり。


一見、家庭的で特別な感じがしない


献立のように思えるのですが…


その手の混みようといったら!


ひしひしと伝わってくる


女将さんの愛が溢れていて、ただただ感謝していただきました。


食べ終わるまでに何度「美味しい~」と


言ったか数えていればよかった。笑



最近、蟻はカタチとしては見えない「何か」が


込められているお洋服づくりを考えています。


そのヒントがこのお弁当にありました。



みんなに岩泉の美味しいものを食べて欲しい!という


女将さんの愛情が、手間ひまを惜しまず作られたお弁当から


これでもかーーー、と言うくらい溢れでていたのだと思います。


本当に素晴らしかった!


ごちそうさまでした。



そして。





紡毛機の前に座っているのは


『スピンクラフト岩泉』の工藤厚子さん。


一日中、坦々と糸を紡いでいらっしゃいました。


厚子さんの近くに囲炉裏があったので、


火にあたりながらおしゃべり。



そこで私にとって常に念頭において仕事しよう!と


改めて誓うきっかけになるお話を伺ったのでした。


他愛もない会話の中に、ポツリポツリと


とてもとても大切な真実を語る厚子さん。



少し前まで当たり前だった自給自足の暮らし。


それを支えたのは女の手仕事だったと。


今はお金で何でも手に入る世の中だから、


女性は縫い物すらしなくなったと。


お洋服をつくっている私ですら、すごく考えさせられてしまう


シンプルで重みのある言葉。



厚子さんはこの便利な世の中に慣れきってしまい


もし、そうではなくなってしまった場合


手仕事が残っていなかったらどうなってしまうのだろう、と


危惧されているようにみえました。



この厚子さんとのおしゃべりも


これからの蟻にとって必要なことでした。


厚子さん、ほんとうにありがとうございました。




こうして最後のいわいずみ手仕事市、2日間を終えるタイミングで


岩泉駅よりドミノが出発進行。


割れたくす玉からは『さようなら、いわいずみ手仕事市』の文字。


まわりではしんみりしているお客さまや出店者の皆さん。



ん??隣にいる実行委員のMさん。


多分、彼女が1番ご苦労され


この手仕事市に並々ならぬ想いがあるはず…なのに。


なんだかケロリとされている。



Mさん、Mさんと視線を送ると


『さようなら、手仕事市』の裏側へ導かれ…



なんと!





しっかりと新しいイベントの告知が。笑


はい、やられました。笑



でも、裏っ側、誰も見てませんけど大丈夫ですかね?


きっと、この実行委員の皆さんなら大丈夫ですね。笑



というわけで、しんみりするはずだった最終回。


しんみりではなく次回へのワクワク、という


想定外の結末でした。



何はともあれ。


岩泉がますます好きになった蟻。



遊びに来てくださった皆さん


ご一緒した出店者の皆さん


地元 岩泉の皆さん


つぴたあれいわいずみ実行委員会のみなさん


ほんとうにほんとうに素晴らしい2日間を


ありがとうございました。


そしてまた、岩泉でお会いしましょうね。





初めてのクラフト市inどんぐりコロコロ


ご報告が遅くなってしまいましたが…


はじめて参加させていただいた小岩井のクラフト市


工房蟻、しっかりと堪能させていただきました!



お越しくださった皆さん


ご一緒できた出店者の皆さん


そして智穂さんはじめ、運営してくださった皆さん


ほんとうにありがとうございます!



想像していた通り、いや、想像以上に


素晴らしいイベントでした。



お越しくださるお客さまや素敵な出店者さんとワイワイ


どんぐりコロコロの森のロケーションも気持ちいい!


イベントの搬入出から当日の流れもとてもスムーズで。


蟻も皆さんと一緒に心から楽しむことができました。



そして何よりこの季節。


小岩井まで向かう道の美しさといったら!!


この景色を眺めるだけでもかなりのエネルギー補給になりそうです。





来年も春のクラフト市にできますように!


終わったばかりなのにね。笑



さあ、次はいわいずみ手仕事市です!

poooL本店 展示会 終了いたしました。



GWの狭間


皆さんはどのようにお過ごしですか??




工房蟻はカレンダー通りのおやすみ。


昨日、今日は工房にてせっせとお仕事しております。




4/30 吉祥寺 poooL本店での展示会が無事、終わりました。




今年もお会いしたい方々が吉祥寺まで


足を運んでくださいました。


本当に幸せな時間をありがとうございます!




毎回、とても素敵に会場をつくってくださる


poooL ケイさん、洋子さん。スタッフの皆さん。


感謝いたします!




そして最後に。


今回一緒に洋服作りをしてくれた


刺繍作家のくどうせつこちゃん。


楽しかった!


これからまだまだ広がるイメージ。楽しみです。


ありがとうございます。


そしてこれからもよろしくね。




また来年、poooLに伺えることを楽しみに…



















『CRAFT市 in どんぐりころころ 』と『いわいずみ手仕事市 2018』


今年の桜はほんとうに儚かった。


少し寂しいけれど、毎年同じようにはいかないです。


なんでもそうです。自然ってことですよね?



さて。


工房蟻も去年とは違います!


なぜなら、岩手のクラフト市といえばあのイベント!と、


いちばん最初に出てくるのでは?の


『CRAFT市 in どんぐりコロコロ』がl


2018年は春、秋の2回開催になったから。



このクラフト市。


蟻としてはAWの展示会の日程の関係で


出店を諦めていた憧れのイベントなのです。



それが今年は実験的に春も開催されるという。


これは伺いたいに決まってる!ということで…





CRAFT 市 in どんぐりコロコロ


2018/5/12(sat)-13(sun)


12日→9:00-16:00


13日→9:00-15:00



入場無料


雨天決行  ※荒天の場合は中止



小岩井農場 まきば園 駐車場南すぐ


(岩手県岩手郡雫石町丸谷地68-82)


tel 019-692-3500



fb→CRAFT市 in どんぐりコロコロ




蟻はお洋服をつくるときに出るハギレを使った


蟻の日用品【a piece シリーズ】と、


蟻の日常着をちょこっとお持ちします。



ただ今、久しぶりに五日市自ら制作しております。


た、た、楽し~~~♡













キッチンまわりの日用品中心に。


日常の道具として使っていただけたら嬉しいです。



他にクラフトはもちろん、


お野菜やコーヒー、焼き菓子、パンなどの販売


その場でいただけるお食事もあります。



どうぞごゆっくりと過ごしてくださいね。





そして6月。





いわいずみ手仕事市 2018


2018/6/9(sat)-10(sun)


10:00-16:00



雨天決行



岩泉うれいら商店街


(岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字村木)



お問い合わせ/つぴたあれいわいずみ実行委員会事務局


tel 0194-22-2615


motegi@tedonokura.com



fb→いわいずみ手仕事市 2018



今年6回目で最後となるいわいずみ手仕事市。


わたし個人としては岩泉の風景がとても好きで、


手仕事市に伺うたびにエネルギーをいただいています。


ですから残念な気持ちもありますが…


きっとつぴたあれいわいずみ実行委員会の皆さん、


もっともっと楽しいイベントを仕掛けてくださるに違いない!と


これからのワクワクを考えて。



思い残す事なく最後の手仕事市、満喫します!



手仕事市の両日


【瀬戸屋旅館特製 旬な地元食材を使用したお弁当】


1日50個限定で販売されます。


予約優先でなくなり次第、終了となりますので


ぜひ、上記のお問い合わせ先までご予約ください。


もちろん蟻は予約済みです。笑



こちらの手仕事市も緑の気持ち良い季節の開催です。


どうぞ綺麗な空気、お水楽しみにいらしてくださいね。


 | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (16)
工房日記 (68)
展覧会&イベント (130)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する