工房 蟻 工房日記

工房 蟻

≫工房日記

カシュクールワンピースのこと


いよいよ明日より『ハルマチ展』開催いたします。





『ハルマチ展』


 


2017 / 1 / 27 (fri) – 2/5(sun)


open:10:00-close:19:00


 


フォーマルウエア / 工房蟻


コサージュ ・ アクセサリー / おくりものや


 


開催場所 / kasi-friendly ギャラリー





前にもお話ししましたが、こんなこと出来たらいいな、と想いはじめてから6年…


たくさんの方のお力のおかげで、なんとかカタチになりそうです。








中でもカシュクールワンピースは、必ずつくろう!とイメージしていたモノ。



今回お仕立てしたカシュクールワンピースは


いつも仕立てているお洋服と向き合う気持ちとはまた、少し違った


特別な心持ちでお仕立てさせていただきました。



うまく言葉には出来ないのですが


まだ、世の中にこれほどお洋服が溢れていなかった時代


町の洋装店の縫い子さんやお母さんが、特別な日のために、と


ワンピースをお仕立てしていた時のような…


そんな気持ちです。



お仕立てしている間、私の頭の中にいつも浮かぶ風景がありました。


それは、このお仕事で食べていきたい、となんとなく思い始め


洋裁の先生に師事していた頃の風景です。



先生のアトリエにはベテランの縫い子さんたちが数人いらしたのですが


中でもオーダーメイドのお仕立てはこの方が…と


何も言わずとも決まっている方がおひとりいらっしゃいました。



まだまだ右も左もわからない私でも


その方の所作や何気ない一言で、すごい職人さんなんだな~、と。


漠然とではありますが納得してしまう方でした。


見た目はね、本当に普通の優しいおばさんなんです(Kさん、ごめんなさい。笑)



そのKさんというベテランの縫い子さんがお洋服を縫っていらっしゃる姿が


毎日、毎日、私の頭の中に現れました。



ようやく今になって、Kさんのお仕事の意味や、何気なくはっする一言の意味の


真意がわかるようになったからかな?


そして、まだまだ洋裁の修行ははじまったばかりだなー、と


改めて。そして切実に感じたからかな?



Kさんが頭の中に現れる理由を今、考えています。




色々な想いのつまったワンピース。


まだまだ拙い私たちのつくったワンピース。



発展途上ではありますが、今の私たちが素直にあらわれた


ワンピースだと思っています。


皆さんにも触っていただき


『何か』特別な想いを感じていただけると嬉しいです。



どうぞよろしくお願いいたします。

2017 小寒 芹乃栄



2017年、はじまりましたー


皆さま、穏やかなお正月をすごされましたでしょうか??




蟻一同もそれぞれのお正月を満喫し、昨日から仕事始め


少しずつ少しずつお仕事モードにシフトチェンジ


企画展に向けて加速中です。






2017年、はじまりの企画展は


『ハルマチ展』








1/27 fri.~2/5 sun.


kasi-friendly ギャラリーにて


open10:00-close19:00






この企画展はアクセサリー作家の「おくりものや」さんとの展示になります。


シルクコットンやシルクレーヨンサテンなど


少しだけ光沢があってちょっとよそ行きな素材で仕立てた


シンプルなワンピースと


おくりものやさんの存在感たっぷりのアクセサリーを


合わせてご覧になっていただければ…と思います。




どうぞお楽しみに♪








そして2017年、蟻はこんなイメージを心におき、過ごしていきます。






『波紋』










最初はちいさなひとしずくだとしても


いろいろなところでポタポタ水面おちたしずくが波紋となり


どんどん広がり、みんなつながり大きくなっていくような


そんな1年を過ごしてまいります!


みなさま、どうぞヨロシクお願いいたします。



仕事を納める



工房 蟻、本日工房のお掃除をして年内のお仕事、終了です。


普段、なかなか手のかけられない場所には埃がたーーーーくさん!!




そんな埃の塊を見て(蟻ではこれをネズミ、と言う。そんなサイズの塊…)


ああ、みんなでこんなに仕事したんだな~~、としみじみ。




頑張ったみんなにありがとう


たくさんの仕事の機会をくれたみなさんにありがとう


と、感謝しながら掃除機で吸い取りました。笑




2017年


たくさんのお魚を目の前に日々、お魚を捌く魚屋さんのように。


何にもない畑を耕し、種を蒔き、実るまでの日々、


土と向き合うお百姓さんのように。


物言わない何かと真摯に向き合っている人々のように


蟻も布と向き合っていきます。




みなさん、ありがとうございました。


そして、来年もよろしくお願いいたします。




2017年は1/27~kasi-friendlyで開催される


『ハルマチ展』からはじまります。








詳細は来年、お知らせいたしますね。


どうぞお楽しみに♪




それではみなさん、よいお年を!





poooL展示会、ありがとうございました



2016年、最後のお洋服の展示会、無事終了いたしました。








今回は伺えませんでしたが、吉祥寺にあるpoooLさん。


それはそれは素敵な空間で、いつもうっとりと、


その場に居られる幸せを感じながら在店させていただいてマス。




今回もきっと同じような思いで足を運んでくださった方々が


たくさんいらっしゃったのだと思います。


お越しくださった皆さん、オンラインショップでオーダーくださった皆さん


ほんとうにありがとうございました。




そしてpoooLのケイさん、ヨウコさん、スタッフの皆さん


(お手伝いくださった岩崎さまも!)


ありがとうございました。




蟻のお洋服


もっともっと多くの方々に触れていただけるよう


2017年も精進してまいります。







気がつけば…



10/30は北上 町分マルシェ


11/5は青山町 青空商店


楽しみにしていた2つのイベントも、あっと言う間に終わってしまいました。




お越しくださった皆さん


ご一緒した出店者の皆さん


町分で初コラボ!の万色の2人


何よりイベントを主催、準備してくださった皆さん


ほんとうにほんとうに楽しかったです!


ありがとうございました。




いつも蟻を支えてくださる可愛らしい皆さんとのおしゃべり


出店者さんのブースをぶらぶらまわったり…


美味しいモノをおなかいっぱい食べたり!




そして、そして…


なかなか引っ込み思案な蟻ですが、今回もたくさんのご縁をいただき


来年そのご縁を少しずつ育てていける予感がしています。




これは愛溢れるイベントを作り上げ


人と人とをつなげてくださる方がいるからこそ、なのです。


感謝いたします!




楽しくも慌ただしい日々がひと段落


気がつけば工房からの景色はすっかり色とりどり…








今日は少し心の休息をいただきまして…




残りの2016年、ラストスパート


思い切り走ってみようと思います。







 | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (107)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する