工房 蟻 お台所工房

工房 蟻

≫お台所工房

7回目のお台所工房のお知らせ

今朝も盛岡は冷えました。
寒すぎて工房の蛍光灯は部屋が暖まるのを待って、順番に点いていくようです(笑)


今朝の岩手日報にNHK文化センター盛岡教室のお知らせが折り込まれていたので、蟻からもお知らせです。





『お台所工房』

4月20日(土)10:00~12:00
~がま口を作ってみましょう~
会員2100円 一般2415円
材料費別途3500円程度

リネン生地を使ってがま口バッグをつくってみませんか?




時間が2時間と短いので、こちらで準備したがま口本体を使って、作り方の説明と実際口金をつけてみるという内容になりそうです。

興味のある方はNHK文化センター盛岡教室(tel:019-622-6611)までお問い合わせくださいね。




他にもNHK文化センター盛岡教室の講座は気になるものがたくさん!

文化地層研究会会員さんによる『城下町盛岡旧町名散歩』とか…
『森のイスキアを訪ねる』ツアーとか…
『自力整体法』で体の手入れをするとか…
誰にでもできる!『整理収納・片づけの基本とコツ』とか…

気になりますね~。

ちょうどあたたかい春の講座。
「何か始めてみよう」
という方にオススメのお知らせデス。

6回目のお台所工房inNHK文化センター

なんだか気忙しいこの季節。
大掃除を始めなきゃ、とか。お年賀の準備は?とか。今年中のお仕事を納めなきゃ、とか。

2012年も残すところ、あと二週間
そんな慌しい週末。
「クリスマスも楽しまなきゃ!」と、6回目になるお台所工房がひらかれました。




今回のお台所工房は「X’masオーナメントを作りましょう」
小さな端布を使ってチクチク…
手作りのオーナメント作りデス。

クリスマスツリーに飾るオーナメントにはそれぞれ意味があるようですが、お台所工房では自由な感覚で。
好きな形のオーナメントを作ることにしました。





たくさんの端布からお好みの生地を探して制作開始!












針を持つのが久しぶり、という方もいらっしゃいましたが、全然問題なし!皆さん、思い思いにチクチク、作業が進みます。








素材は普段、蟻で使っている麻素材や手ぬぐいの端布。ビーズや麻ひも、レースなどなど…ガラクタをひっくり返したような(笑)素材の中から、上手に材料を探しだしてそれを組み合わせて行きます。
「まずは一つ作ることを目標に…」と思っていましたが、終わってみればほとんどの方が二個、三個とオーナメントを作り終えていました。









手ぬぐいの模様を上手にいかしたモノや…






こんなワイルドなオーナメントも!(笑)






素材の風合いをいかした優しい雰囲気のモノや…






生地の柄やボタンを組み合わせたり…






こんな力作の鳥っこも!






チクチクは苦手…という方はこんなオーナメント。







決して器用ではない蟻はこんな不恰好なオーナメントに(笑)




他にも難易度の高い星形に挑戦した方や、悪い夢を食べてくれそうなバクのオーナメントなど、個性溢れるモノがたくさん出来ました。



最後に全員そろってハイ、チーズ!





今年のクリスマスツリーはきっと、一味違ったツリーになるかもしれませんんね♪



さて、今年のお台所工房もこれでお終い。来年もマイペースにではありますが続けさせていただけそうデス。

また、皆さんとワイワイ、ガヤガヤ楽しめるといいな。
どうぞ来年もお台所工房をヨロシクお願いいたしマス♪

5回目のお台所工房inNHK文化センター

盛岡の春。
いつも駆け足でやって来る感じですが、今年はいつにもまして急発進!!

工房から眺める岩手公園の桜もあ~っという間に見頃を迎えました。









今日は雲一つない快晴。





岩手公園もとても楽しそうな気配デス。






こんな気持ちの良い季節にたくさんの荷物を持ってお出かけしたり…
出かける時は身軽だったのに帰りは何故か荷物がたくさんだったり…(笑)


そんな時に便利なエコバッグが自分だけのオリジナルだったら楽しくない?ということで。
「簡単シルクスクリーンプリントでオリジナルエコバッグを作りましょう」をお題に先週の土曜日にひらかれた『お台所工房』




シルクスクリーンって何??という疑問はさておき、まずは体験してみよう!と、いつものようにゆるーく(笑)始まりました。




プリントするには図案が必要!ということで、お家で考えてきてもらった図案を使ってなんちゃって製版開始です。
















図案の切り抜き方も十人十色(笑)
定規をあててシャープに切っていく方、フリーハンドで気持ち良く切っていく方。はたまた紋切り型のような斬新な手法も!
これだからお台所はやめられません(笑)私の方が「なるほど、こう来るか!」と切り返されてしまいます(笑)


なんちゃって製版の後、思い思いの色のインクを作り…
いよいよプリントの作業です。

この作業はいつになく緊張ただよう作業。
エコバッグのどこにプリントを入れるか決まったら、慎重にインクをおき、えいっ!と一発勝負でプリントします。

図案を切り抜いていた時の静まりかえった空気から一転。あちらこちらからにぎやかな声が聞こえてきたこの作業。「プリントを失敗しちゃったらどうしよう」という私の心配をよそに皆さんとっても上手にプリントを終えていきます。
ちょっとインクの抜けが悪かった!
なんて時も「こうしたらいんじゃない?」と透かさず後ろから声が(笑)本当に皆さんありがとう!(笑)






こうして出来上がったエコバッグがこちら。








初めてのシルクスクリーンでここまで出来たら立派なモノです。




さて、なんとなく「シルクスクリーンってこんな感じ?」というのがわかった今回のお台所工房。
その続きはご自宅のお台所でお楽しみくださいね。

蟻の『お台所工房』でもまた、シルクスクリーンのお題があるかも??デス。次回もお楽しみに♪

お台所工房







春ですね。
いつもお花を届けてくださるNさん、ありがとうございマス。ブルーベリーの芽が日に日に芽吹いてきてますヨ。







あたたかくなってくるとお出かけも楽しくなります。
そんなお出かけのお伴にこんなエコバックはいかがでしょうか。








これ、今週末に開かれる『お台所工房』の予行練習で作っているモノ。

今回のお台所は「簡単シルクスクリーンでオリジナル印刷をしてみましょう」
さて、どんなお台所になるでしょうか。後ほどのお台所レポート、お楽しみに!(お申し込みは終了致しました)







そして。







岩手県公会堂24号室では『tamaki niime展』が開催されています。
早く伺いたくてウズウズ…

こちらは4・30(mon)まで。11:00~19:00オープンしております。

東北では初の玉木新雌さんが創りだす播州織のショール。ふんわり柔らかい風合い、
とても楽しみです。



私も週末は少し外で深呼吸しに出かけてみようかな。

4回目のお台所工房inNHK文化センター

雪がとけてきたと思ったら、また雪…

そういえば先週の土曜日も朝から雪が降っていました。
そんな中、四回目になるお台所工房がNHK文化センター盛岡教室で行われました。



お題は冬にぴったりな素材、羊毛を使ったコースター作り。

今ではすっかりポピュラーになったフェルト。少し前はフェルトのルームシューズを見た友だちが「どうして縫い目がないの~?!」と驚いていました(笑)



ふわふわの羊の毛を、洗剤とお湯を使って縮絨、フェルト化させて自由な形を作っていく。不思議でおもしろくて、ちょっぴり疲れる(笑)
そんなフェルトの基本編。コースターを作りながらフェルト化のコツをつかんでみましょう、というお台所工房でした。






カラフルに染められた原毛からベースの色を選び、その上にお絵かきをするように自由に模様をのせていいます。












以前、フェルトのワークショップに参加したことのある方もチラホラ。
皆さん、手際良く原毛を重ねていきます。


今回は作るものがコースターと小さいこともあり、巻寿しを作る時に使う巻きすで縮絨していきます。





カサブランカ模様だったり…






あったかい色合わせの抽象画のようだったり…






ポップな色合いの水玉だったり…










みなさん思い思いに模様を描いていきます。













一枚目、二枚目と回数をかさねるごとにみなさん、だんだん無口になり…(笑)色々と思いついたことにチャレンジされていきます。



一枚目は「これでフェルト化されてるの~??」なんておっしゃっていた方も、お台所工房が終わる頃には、縮絨のコツもだいぶつかまれてきたようでした。





羊毛を使ったフェルトはお家でも簡単に作られるオススメの手仕事。


帰りにはお土産に余った原毛をみんなで仲良く分けました。
是非、お家のお台所の片隅で新しい作品を作っていただければ…と思います。



最後にみなさんの写真をパチリ。







そして。
「またお会いしましたねー♪」「どんなのデキマシタ?」回をかさねるごとにこんな光景も。






お台所工房で参加者のみなさんのご縁がつながっていく感じ。
私もとても嬉しくなってしまいます。


雪の降る中、スッテンコロリンした方(笑)遠くは仙台からかけつけてくれた方。無事、ご出産されてベビーちゃんをあずけてお台所復帰をされた方。
参加してくださったみなさん、ほんとうに楽しい時間をありがとうございました。




お台所の後、工房に戻り参加してくれたセツコちゃんからのプレゼントの可愛いチョコレートをパクリ。







可愛くて、美味しくて、ちょっぴり疲れた体にピッタリでした。セツコちゃん、ありがとう。



次回のお台所工房は4月に「簡単シルクスクリーン」を予定しております。

詳細はまた改めてお知らせいたしますね。お楽しみに♪

 | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (107)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する