工房 蟻 2011年03月

工房 蟻

≫2011年03月

イロイロ制作中

週末は雪まじりなお天気の中、kasiさんに足を運んでいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
いつもの笑顔にはげまされ、初めてお会いする方にドキドキわくわく。偶然、懐かしいお顔にバッタリ!そして、ずーっとお会いしたかった方とお話する機会も。

たくさんの方に支えられながら『たったひとつだけのもの』、4月17日まで楽しく開催したいと思います。



月曜日からはkasiさんにお店をお願いして、蟻は工房で制作しております。


いつもお着物を素敵に着こなしているSさんからのリクエスト


(染めた生地)\800~

以前、つくった分だけ販売させていただいた「くるくるポーチ」中に入れたものの大きさに合わせてくるくるっと巻いて使っていただけます。Sさんは足袋なんかを入れてくるくるしているそうです。旅行の際の細かいパッキングに便利かと思って…と言うご意見に、さっそく再制作。



(デニムのリ・サイクルメイク)¥1800~




ハックの家のさき織りを使ったバッグ


ピンク、ブルー系のさき織りを使ったモノを何点か。
今日、kasiさんに納品出来るといいな、と思っています。

MORE »

感謝!!!

朝10時、kasiのくんサンと「コーヒー飲もうかー。」とのんびり一日が始まりました。
朝からあいにくのお天気。もうすぐ4月だというのに雪。くんサンと出会った頃の話をしながら、ゆったりとした時間でした。

ぼちぼち行こうと始まった一日でしたが、気がつくともう閉店時間!!!

あーっという間の一日でした!

雪の降る中、足を運んでいただき、皆さんの元気な笑顔に支えられた一日。作り手冥利に尽きます。本当にありがとうございました。

そして、写真を撮る余裕もありませんでしたが、ANNさんからも素敵なお花の配達が!彩りを添えていただきました。配達してくれたキリちゃんからお花を受けとった時の手の冷たいコト。寒い中、本当にありがとう。
そして、小袖さん狩野ちゃん、ありがとう。


お客さまとお話しているとひめくりさんで昨日から開催している「てのての展・2」からのお客さまがたくさんいらっしゃいました。
ワタシも初日にミーハー魂たっぷりに、大好きな大沼さんや高橋さんの器を買い占める妄想をしに行って来ましたー。4月6日までの開催デス。岩手の手仕事、素敵ですのでハシゴで是非、是非。

「ありがとう」がたくさんの一日。しつこいですが、ありがとう(笑)
あの歌みたいですね(笑)

始まります

昨日、午後7時に展示を終え、帰り道、暗いところからkasi-friendlyを眺めてみました。



蟻のスタッフと言っても過言ではない(笑)佐藤侑子ちゃんが今回の個展の為に作ってくれたリースが彩りを…





kasi-friendlyのくんサンが、蟻とkasiのお洋服を素敵に組み合わせてくれました。

MORE »

『たったひとつだけのもの』26日からデス。

3.26sat-4.17sun at 材木町 kasi-friendly

『たったひとつだけのもの』

春・夏に纏える一点モノの日常着や、リサイクルメイクのバブーシュ・帽子
裂き織りや染めた生地を使ったバッグ・小物を展示販売いたします。

kasi-friendly
盛岡市材木町3-8 岩手ビル1F
tel&fax 019-606-3810
open:10:00
close:19:00

※指定駐車場(盛岡市材木町商店街振興組合)があります。5000円以上お買い上げのお客さま、1時間の駐車無料券差し上げます。
※夜市期間は交通規制がありますので、ご注意ください。

MORE »

蝶と蟻

震災から10日が過ぎました。
数日前に、ある方のツイートでとても気になる文章を目にしました。

それは谷川俊太郎さんの『蝶と蟻』という詩でした。四川大震災の後に発表された詩なんだそうです。

「蟻たちはその小ささによって生き残った/蝶たちはその軽さによって傷つかなかった/しなやかな言葉もまた大地震に耐えるだろう」

ワタシも蟻なので(笑)単純に目に止まりましたが、まだまだもう少し先の話。今、深刻な状況で避難している方々がこの詩を見てどう感じられるか、とっても気になりました。


こんな歴史に残るような体験を、ホントにホントに近くに生活されている人たちがしたというのに、今現在ワタシの状況は「ちょっと不便…」
ちょっと不便になった事で、いかに恵まれた生活をしていたかを実感できる。そして、いかに無駄が大切だったかを知る。自分が日頃、心に余裕が無かった事を知る。

少しでも早く、被災地の方々が大切な『無駄』を楽しめるようになって欲しいです。
しなやかな言葉でこの震災を語り合える時を早く迎えられますように。

 | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (107)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する