工房 蟻 2012年04月

工房 蟻

≫2012年04月

5回目のお台所工房inNHK文化センター

盛岡の春。
いつも駆け足でやって来る感じですが、今年はいつにもまして急発進!!

工房から眺める岩手公園の桜もあ~っという間に見頃を迎えました。









今日は雲一つない快晴。





岩手公園もとても楽しそうな気配デス。






こんな気持ちの良い季節にたくさんの荷物を持ってお出かけしたり…
出かける時は身軽だったのに帰りは何故か荷物がたくさんだったり…(笑)


そんな時に便利なエコバッグが自分だけのオリジナルだったら楽しくない?ということで。
「簡単シルクスクリーンプリントでオリジナルエコバッグを作りましょう」をお題に先週の土曜日にひらかれた『お台所工房』




シルクスクリーンって何??という疑問はさておき、まずは体験してみよう!と、いつものようにゆるーく(笑)始まりました。




プリントするには図案が必要!ということで、お家で考えてきてもらった図案を使ってなんちゃって製版開始です。
















図案の切り抜き方も十人十色(笑)
定規をあててシャープに切っていく方、フリーハンドで気持ち良く切っていく方。はたまた紋切り型のような斬新な手法も!
これだからお台所はやめられません(笑)私の方が「なるほど、こう来るか!」と切り返されてしまいます(笑)


なんちゃって製版の後、思い思いの色のインクを作り…
いよいよプリントの作業です。

この作業はいつになく緊張ただよう作業。
エコバッグのどこにプリントを入れるか決まったら、慎重にインクをおき、えいっ!と一発勝負でプリントします。

図案を切り抜いていた時の静まりかえった空気から一転。あちらこちらからにぎやかな声が聞こえてきたこの作業。「プリントを失敗しちゃったらどうしよう」という私の心配をよそに皆さんとっても上手にプリントを終えていきます。
ちょっとインクの抜けが悪かった!
なんて時も「こうしたらいんじゃない?」と透かさず後ろから声が(笑)本当に皆さんありがとう!(笑)






こうして出来上がったエコバッグがこちら。








初めてのシルクスクリーンでここまで出来たら立派なモノです。




さて、なんとなく「シルクスクリーンってこんな感じ?」というのがわかった今回のお台所工房。
その続きはご自宅のお台所でお楽しみくださいね。

蟻の『お台所工房』でもまた、シルクスクリーンのお題があるかも??デス。次回もお楽しみに♪

お台所工房







春ですね。
いつもお花を届けてくださるNさん、ありがとうございマス。ブルーベリーの芽が日に日に芽吹いてきてますヨ。







あたたかくなってくるとお出かけも楽しくなります。
そんなお出かけのお伴にこんなエコバックはいかがでしょうか。








これ、今週末に開かれる『お台所工房』の予行練習で作っているモノ。

今回のお台所は「簡単シルクスクリーンでオリジナル印刷をしてみましょう」
さて、どんなお台所になるでしょうか。後ほどのお台所レポート、お楽しみに!(お申し込みは終了致しました)







そして。







岩手県公会堂24号室では『tamaki niime展』が開催されています。
早く伺いたくてウズウズ…

こちらは4・30(mon)まで。11:00~19:00オープンしております。

東北では初の玉木新雌さんが創りだす播州織のショール。ふんわり柔らかい風合い、
とても楽しみです。



私も週末は少し外で深呼吸しに出かけてみようかな。

HAKAMA pants 制作の途中

こんなに同じ形のモノを縫うのは生まれて初めて!

ブレーキのきかない車のようにどんどん、どんどん作りたくなってしまう。ここまでながいことそう思うのも初めて。



しかし。
今回の数は私の頭の中には無かった数字。一人では途方にくれていたに違いありません。


蟻の縁の下の力持ち的な存在、Y姉さんにはいつにもまして助けてもらい。それでも足りない部分はtemper print齊藤くんや、小袖のユッコちゃんに助けてもらい。本当に感謝デスネ。



3月中にご注文いただいたお客さまの分はなるべく最初にお引き渡しになるよう調整しおりましたが、灰桜・葡萄鼠・錆浅葱をご注文のお客さまは少しお時間をいただくことになりそうデス。本当に申し訳ありませんが、もしお急ぎの方おられましたらメールフォームにてお知らせ下さると助かります。




縫っても縫ってもまだまだ先は見えない(笑)
でも、私の父はよく言っておりました。何でも楽しみながらコツコツやれば必ず終わる、って。そんな父の冬場の趣味ははらってもはらってもまた降る雪の雪はらいデス(笑)

そんな父の心境まではまだまだ至りませんが、どうぞヨロシクお願いいたします。

『HAKAMA展』御礼

グリーンが綺麗にディスプレイされているのが印象的なkasi-friendlyさんの店内。





















3月24日からスタート。あっという間の15日間。




お越しいただいた皆サマ、kasi-friendlyさん、そして色々なところからサポートしてくれた方々。
かかわって下さったすべての皆さんに感謝デス。

ほんとうにありがとうございました。



またkasi-さんでこうして皆さんに作品を見ていただく機会をつくれますように。


















最後に。

HAKAMA pantsをご注文してくださったみなさまへ。
カラーごとの制作になりますので、多少順番が前後いたしますが、なるべくご注文いただいた順にお渡し出来るように…と思っておりました。

少しお時間いただくお客さまもいらっしゃると思いますが、何卒ヨロシクお願い致します。
楽しみにお待ちいただけると幸いです。

ご注文いただき、ほんとうにありがとうございます。



新しいお店

昨日、岩泉に新しいお店がオープンしました。

料亭だった場所を昨年の夏からコツコツとリノベーションしたお店『nadodaano』さん


お店の名前の由来は、岩泉弁の「などだの?」=「どういうことなの?」

つくり手さんの想いをお客さまに丁寧に伝えるられるお店になりたい、との願いで。











蟻のnadoさんとのコラボレーションがま口バックや、デニムのリメイクポシェット、ハギレ生地で作ったコサージュなども取り扱っていただいてます。

また、染織作家「伊香 英恵」さんの作品も並ぶそうです。




来週には広島出身の空さんが作るお好み焼き屋さんもオープンするそですよ。


これからの週末にドライブしながら遊びに行くのも気持ち良さそう。
岩泉町方面に遊びに行った際には是非、お立ち寄りくださいね。

 | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (109)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する