工房 蟻 2012年09月

工房 蟻

≫2012年09月

岩手山麓工房フェスタ・3

今日は爽やかな秋晴れ。気持ちイイです。
今週末もこんなお天気だったらイイな、と毎日かかさず天気予報を見ているワタシ。皆さんも空の神様に一緒にお願い、ヨロシクです(笑)



ただいま工房蟻は、ひっきりなしにミシンの音がしていマス。
こんなモノが続々と出来上がっていますよー。











これは端布を使ったイロイロな形のポシェット。
みんな違うカタチをしています。

ペットボトルを入れたり、デジカメを入れたり、携帯電話を入れたり…

ショルダーのヒモをしばって、ちびっ子のポシェットにしてもイイかも。
両手に抱えきれないオモチャやお菓子を入れても良いし、ハンカチやティッシュを自分で持つのも良さそう。

自分にピッタリのカタチを見つけてもらえれば嬉しいデス。










これも端布をはいで作ったハーフパンツ。

山の麓で開催するお祭りに似合いそう!と思い、自分の為に作りました(笑)
2点限定ですので、気になる方はお早めに遊びにいらしてくださいね(笑)




さあ、いよいよあさってから始まる『岩手山麓工房フェスタ』

岩手の作家さんの手仕事、そして美味しいモノを楽しみに。
是非、是非お越し下さいネ







『2012 岩手山麓工房フェスタ in 馬っこパーク』

9/28(金)~9/30(日) 雨天決行
10:00~16:00(最終日 15:30迄)

会場:馬っこパーク・いわて

お問合せ:実行委員会事務局/長内工房 (tel 019-688-5702)

岩手山麓工房フェスタ・2

暑さ寒さも彼岸まで、とYさんのお母さんが毎年言っておりますが…
暑さにも程があるんじゃないのッ!?と何度もくじけそうになった蟻。

雨だけど。そうそう、こんな季節が大好きなんです!

と言う訳で…
アイロンがけも楽になってきましたよ~(笑)

昨日は蟻の定番『バブーシュ』を仕上げました。





いつもはこんな感じでデニムのリメイクものが多いのですが。










今回は工房フェスタ用にカラフルに。




最近、いろんな色が並んでいるとウキウキする傾向が強いワタシ。表地と裏地、そして足底の合皮の色合わせがとても楽しい!






5色。それぞれメンズ、レディース各一足ずつになります。








今回はこれで売切りとなってしまいますので、気になるカラーがある方は工房フェスタへレッツゴーです(笑)

実際の色味を確かめていただけると嬉しいデス。

岩手山麓工房フェスタ・1

ようやく朝晩の空気が爽やかになってきた盛岡。
私の制作意欲も徐々に上向き。
幾分過ごしやすくなってきたのもありますが、今月末に向けて張り切っておりマス!


今年で三回目の参加になる『岩手山麓工房フェスタ』
岩手で制作をしている作家さんが集まって、岩手山を眺められる広場で開催されるお祭りデス。


蟻は参加させていただくようになってから、このお祭りを毎年楽しみにしてマス。
お客サマとのふれあいは勿論、他に参加されている作り手さんとお話したり、『柳沢まんぞく広場(地産地消のお食事コーナー)』で美味しいモノをお腹いっぱい食べるのも楽しい!


と言うわけで、毎日せっせと工房フェスタに連れていく子を制作しているわけです。

これからほんの一部ではありますが、そんな子たちを紹介していきたいと思います。




昨日はコレ。





八月の『豆な手しごと展』ではおかげさまで完売いたしましたチューリップハット。

少し秋らしい色と素材感で工房フェスタ仕様のチューリップハットを持っていけたら…と、パーツをチョキチョキしております。

さて、どんな色合いになるかお楽しみに






こちらは定番の麻帆布のトートバッグとハギレで作ったコサージュ。
シンプルなトートバッグは男性が持ってもカッコいい!と思っていただけるよう、素材感を生かした極々シンプルなカタチ。
女性が使う時は、こんなフェミニンなコサージュをつけてもいいかもしれませんね。


当日まで、工房フェスタ用のモノたちをコツコツ作っていきマス。




『2012 岩手山麓工房フェスタ in 馬っこパーク』

9/28(金)〜9/30(日) 雨天決行
10:00〜16:00(最終日 15:30迄)

会場:馬っこパーク・いわて

お問合せ:実行委員会事務局/長内工房 (tel 019-688-5702)

制服




はい!
先週の土曜日、材木町よ市でお買い物をして、とーっても美味しかった『岩本農園』さんの黒豆の枝豆。
甘味が今まで食べた枝豆と違います!
ぷりっぷりに大きくて粒ぞろいなお豆。ご馳走さまでしたー。



岩手の食材は、本当に美味しい!自信を持って他県の方にもお勧め出来ます。

盛岡のご近所「紫波町」も果物をはじめ美味しい農産物がとれる町。

そんな「紫波町」に今年の初夏にオープンしたオガールプラザ。その中央棟に8/31、紫波町図書館がオープンしました。




オガールプラザとはご縁が深い私(笑)嬉しい事に、紫波町図書館の職員の方々が身につける制服をデザインさせていただきました。


何種類かのサンプル制作を経て、採用していただいたのはこんな感じの制服。







オープン前のお忙しい中、制服をお届けに伺うと…
皆さん、お仕事の手を休めてさっそく制服を試着して下さいました。









唯一の男性職員のユニフォームはベスト。






リバーシブルなので、気分によって2WAYで着ていただけます。




制服の胸元には、図書館のシンボルマークが刺繍してあります。




このマーク、本がモチーフになっているんですよー。
横積みになった四冊の本と、縦に並んだ四冊の本。
よく見ると「S」と「W」に見えませんか~?SHIWAの「S」と「W」
そして4冊→四→シ。4冊+4冊=8冊→八→ワ。

遊び心たっぷりなこのマーク。
紫波町図書館の顔デスね。




紫波町民みなさんの憩いの場になるように…との想いでオープンした紫波町図書館。
紫波町在住の方はもちろん、紫波町以外の方々もご利用出来ます。

紫波の田園風景や美味しいモノ、そして気持ちのイイ空間に癒されること間違いなし!
どうぞみなさん、遊びにいらしてみてくださいネ。

 | HOME | 

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (116)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する