工房 蟻 2012年10月

工房 蟻

≫2012年10月

染花

先日、髪飾り用のコサージュを作らせていただきました。








「工房 蟻は何を作っているところ??」
と、よく聞かれることがあります。

浮気なわたしは、お洋服とも、バッグとも言えず…
「布に纏わるモノで私が作れるモノならば…」
と曖昧なお返事しか出来ないのデス。



コサージュ作りも以前、婚礼衣裳に合わせる為に、見様見真似で作り始めたモノ。

だからまだまだ勉強中ですが。




今回は蟻がこのお仕事を始めるキッカケになった方々の一人、川村さんからのご依頼。
川村さんは「川村スタジオ」と言う写真館の社長サンでカメラマン。

東京で修行したのち盛岡に帰って来たのがかれこれ十数年前。
その頃、私も衣裳を独学で作り始めていて、それを作品撮りなんかで使ってくださったのが出会いでした。








これが確か、川村さんとの初めての作品撮り。
恥ずかしいデスね~、何かの真似っこみたい(笑)

でも、何も知らないって恐ろしくもあり、幸せでもありました。



そんな彼も私もすっかり大人。

これからも『今』だから出来る合作を楽しみに。

蟻の定番 HAKAMA pants

もうすぐ十月もお終い。
蟻の工房では
「いや~ン、今年も終わっちゃうよ~。今までなにしてたんだろ~。」
と、働きモノのYさんがつぶやく時期がやってまいりました(笑)

その度にわたしは、
「今年もいっぱい仕事したじゃないか!」
と、力説します。

いつもせっせと働いていますが、今年はなんと言ってもHAKAMA pants!
とにかく作らせていただきましたネー。


色んなところで実際にお見かけしたり、
「いっぱいHAKAMAの人がいたよう」
と、ご報告いただいたり…
愛用してくださっているだけでも感謝、感謝ですが、色んなご意見・ご感想をいただき更に感激…

本当に嬉しいコトだらけでした。ありがとございマス!






そして。
ばったりお会いするHAKAMAな方々の着こなしの素敵なコト、素敵なコト。
シンプルなデザイン故に、十人十色なコーディネート。わたしはいつも密かに参考にさせていただいてマス。





そこで。
皆さんにもHAKAMA姿、少しですがお披露目させていただきますネ。

今回はすごーく暑かった今年の夏を思い出して、少しはあったかくなるかしら?ということで(笑)
夏編デス。









首から下げたカメラも可愛い!HAKAMAをさらりと着こなしていただいているおしゃれサン。








こちらは材木町の夜市でばったり。書家の伊藤康子サン
黒のコーディネートで大人HAKAMA姿が素敵。
只今、盛久ギャラリーにて「いとうやすこ書展」開催中デス。必見!!









大人可愛い着こなしデスよね。暑ーい日でしたが、とっても爽やかな雰囲気が素敵でしたよー。










こんなかわい子ちゃんも愛用してくれていマス。
彼女はキャンドル作家のchimiちゃん。本人同様、chimiキャンもとても可愛いんですよッ。





HAKAMA pantsはkasi-friendlyさんにてお取り扱いしていただいてます。
なかなかたくさん納品出来なくて、店頭にHAKAMAが並んでいる事が少なく、皆さんにはご不便をおかけしており本当に申し訳ありません。

kasiさんにはサンプルが常時ございますので、入荷の機会にご来店できない方はお店でお気軽にご相談下さいね。

また、ご要望があった大きめサイズも始めました。こちらもサンプルがkasiさんにございます。
少したっぷりしたラインがいいのよね、という方は是非、ご試着してみて下さいネ。

これからもHAKAMA pants、ヨロシクお願いいたしマス♪


HAKAMA pants (Long、Short) 各¥15,800-(税込)
HAKAMA pants Lサイズ(Long、Short) 各¥16,800-(税込)











今年の夏のとーっても暑かったのが嘘のように。でも当たり前のように…秋がやってきました。
この時期、身体がビックリしている方も多いようデス。
そんなことを言っている私も、今週に入ってからちょっと体調がよろしくない…

今までには感じなかった身体の声をキャッチ出来るような年頃になったのね…(笑)と、体の中から温かくなるようなモノを食べたり、消化の良さそうなモノを選んだり…
ちょっと前までは「病は気から!!」と気合いで治していたのですが(笑)

素直に時の流れを受け入れておりマス。





身体を優しくいたわってあげたい時に食べたいもの。





例えばこんなお料理。

これは「うかたま vol.28」で特集されている、タイマグラ在住の安部智穂さんのお味噌レシピの一つ。
パラパラとページをめくっていると、お腹がグ〜となってしまいます。

どのレシピも優しくてあったかい雰囲気が伝わってきます。
いつもより元気がない時はなおさら、こんなご飯を身体が欲するように思います。
ちなみに写真は下平桃子ちゃん。

皆さん、本屋さんにお立ち寄りの際は手にとってみてくださいね。





そして温かい汁物。



ひめくりさんでは10/24〔wed〕まで『いわてのうるしとめし碗展』が開催中。


てくりオリジナルの「まるんといわて椀」他、岩手の漆作家さんの汁椀。
そしてそんな魅力的な汁椀にぴったりの飯碗が勢ぞろい。
新米とあったかーい汁物。この時期の一番贅沢な食事かもしれませんね。


「まるんといわて椀」は少し大きめで、具だくさんの味噌汁が大好きな私にはちょうどいい大きさでした。

皆さんも実際手にとって、岩手の漆の魅力を感じてみてはいかがですか?






最後に。
先日この器を洗いながらちょっと思ったこと。



とても綺麗なガラスの器。


これはいつも個展やイベントがある時に、素敵なお花を生けて届けてくださるNさんのモノ。
先日の岩手山麓工房フェスタにもお花の差し入れをいただきました。




お花が綺麗なのは勿論のコト、それをひきたてる花器。
この調和が大切なんですね。

日々の暮らしもお仕事も。
ひとつのコトに片寄りがちな私。これから色んな事が調和していくといいなー、とぼんやり思いました。


先ずは身体が元気になるよう自重しましょう(笑)


岩手山麓工房フェスタ

今日はしゃおしゃんさんの気仙茶でスタート。


おかげさまで2012年の岩手山麓工房フェスタ、無事終えることが出来ました。
昨日まではナンヤカンヤ、お片付けがあり…今日から通常営業の工房 蟻デス。




毎年想う、このフェスタの魅力について。
一緒に出店させていただくクラフトマンの方々の素敵なこと。
私は自分が工芸家だとは思っていないけど、そんな方々とお店を並べさせていただけるのはとっても嬉しいし、やっぱり憧れマス。
そして、お客さんとしても楽しめる(笑)
「ちゃんと商売しろー」と、愛ある言葉をかけられつつ、ウロウロする蟻…(笑)

これだから毎年、楽しみなイベントなんですネ。ずーっと続くといいな。


そして、お客さまとお会い出来るのも楽しみのひとつ。
あちらこちらで楽しいイベントがあった九月。忙しい中、足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございマス。

今年、特に嬉しかったのはHAKAMAコーディネートで遊びに来て下さった方がとっても多かったコト!

皆さん、それぞれの個性にあった素敵な着こなし。
それを遠くから発見してはキャーキャー言う私(笑)

作り手冥利に尽きる時間でした。感謝デス。





そして可愛い娘ちゃんたちからの嬉しい差し入れ(笑)





NAGASAWA COFFEEさんのドリップコーヒー!







カラコマ工房さんのカラダに優しい玄米クッキー!







スミレノさんの可愛らしいリスのクッキー!







毎年岩手山からの風が冷たく感じるこの時期。ホッカイロの差し入れ。この心遣いだけでポカポカしてきそう!

生憎、今年は台風の影響か湿度が高く汗ばむくらいでしたが…
隙間風の吹き込む冬の工房で使わせてもらいますね、アヤコちゃん(笑)

皆さん、本当にありがとうございました。

そして。毎年、お手伝いに来てくれる小袖のユッコ。
ユッコちゃんと過ごす一日も楽しみのひとつデス。ありがとう!!




来年も楽しんでいただけるよう、自分自身も楽しめるよう、精進しましょう!と、毎年このお祭りが終わると、改めて心に誓う私デス。
さー、今日も頑張ろ。

 | HOME | 

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (116)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する