工房 蟻 2016年03月

工房 蟻

≫2016年03月

Creative Table vol.2 


昨夜、盛岡市鉈屋町の町家で


『Creative Table vol.2 』というトークイベントが開催されました。








このトークイベント、エディションズの金谷さんが


私的なスタンスではじめたイベントで


学生をはじめ、デザインに興味のある方々に向けて発信するもの。


毎回、県内のクリエーターがゲストスピーカーで登場し、


金谷さんとゆるくお話していくスタイルです。



vol.1はRiSM CLOSETの中村さん


そして今回、誘っていただいたのがわたし。



イベント中に金谷さん曰く


「ゲストは身近な人に声をかけた」と言っていたけど、その通り


金谷さんとわたしは20年来のお付き合い。


ここ5、6年、なかなかゆっくり話をする機会がなかったけど


このイベントで久しぶりに金谷さんと懐かしい話や


近況などをお話することができました。






当日もたくさんの方に集まっていただき


『工房蟻が出来るまで』を拙くはありましたが


皆さんに聞いてもらい…


あっという間の1時間でした。


金谷さん目論み通り、青かったわたし達の画像、エピソードもお披露目。笑


(これが金谷さんの当初の目的はコレだったらしい!)


ほんとうに懐かしいやら、恥ずかしいやら。


(会場のほとんどの方々に初公開でしたが、


「懐かしい~~」て人もチラホラいたよね。笑)




でも、改めて振り返ってみると


その時代その時代で『いま、自分のするべきこと』をわりと


一生懸命考えていたな~、わたし。


と、不格好な昔の私さえも愛おしい感覚があったりして。



そして何より、どのタイミングでも必ずまわりに良き理解者がいて


わたしは多くの人、ものによって生かされてきたんだな~。と、改めて


感謝とそれに対する愛がいっぱい溢れた時間でした。










会場であたたかく見守ってくださった方々はもちろん


「行けなくてごめんネ」とメッセージくれた方々


ひっそりFBなどで様子を見てくれている方々


お手伝いしてくれた方々


町家のスタッフの方々、遅くまで鍵当番してくれたまりちゃん


そして誘ってくれた金谷さん



ほんとうに良い機会をありがとうございました。



久しぶりに『自分自身』 のことを考える時間を持つことが出来て


これからもっと、もっとニュートラルに!フラットに!ゼロに!近いていこうと


思った私です。




次回の『Creative Table vol.3』は


カネイリスタンダードストアの金入健雄さんがゲストスピーカー



興味のある方はぜひこちらをチェックしてみてくださいね→









HAKAMA展、はじまります


工房から見える岩手公園の梅の木


日当たりの良い木の天辺がほんのりピンク色になっているのに気がつきました。



毎年「昨年のHAKAMA展の頃は…」


と考えてみるのですが…


やっぱり今年は春が来るのがはやいと感じます。




明日からいよいよHAKAMA展がはじまります。


今年で5年目、あっという間ですネ。





最初の『HAKAMA展』から展開しているハカマパンツ


春夏定番 素材 〔イタリアンリネン〕


当初から7色で続けておりましたが


今回は新色【藍(インディゴ)】が仲間入りです。









またブログでお知らせしていた【備後節織】のアイテムも並びます。








【備後節織】


HAKAMA pants(備後 墨)


one piece-T(備後 藍)(備後 墨)


henry neck shirt(備後 墨)


※このアイテムは数量限定になります。




他にも毎シーズン展開している定番アイテム


gather skirt、blouse-T





昨年デビューしご好評いただいた


straight pants


などなど…




毎年ここにくれば…という安心感のあるアイテムたちが


少しずつ、少しずつ増えていく楽しみを


皆さんと一緒に味わいたいと思っております。



明日から16日間、どうぞヨロシクお願いいたします。








今週金曜日より


盛岡市材木町 kasi-friendlyにて


2016 SS 『HAKAMA展』がはじまります。







『HAKAMA展』




3.18 fri. - 4.3 sun.


open 10:00  -  close 19:00



※指定駐車場は2カ所ございます


※夜市期間は交通規制がありますのでご注意ねがいます


(詳しくはこちらをご覧ください→





今回の新作はこちら






20160314150713689.jpeg



『備後節織 墨』


henry neck shirt



size:S、M、L、XL


quality:コットン 100%


price:¥12,744-





ユニセックスな雰囲気のトップスです。


素っ気ないくらいシンプルに。


男性にも着ていただけたら嬉しいです。






3/18、3/19、3/20、4/2はわたしもkasiさんにお邪魔したいと思っております。


みなさまにお会いできること、楽しみに!


どうぞ遊びにいらしてくださいね。



新しい生地


今日の盛岡は3月だというのに、今シーズン最高の積雪になったのでは?





















でも、なんだかいつもよりワクワクしてしまうのは


春が近くまで来ている予感がするからでしょうか。



一度葉っぱを落としてしまった工房の緑からも、


ニョキニョキっと若葉がたくさん育っています。























新しいことがはじまる春に


工房 蟻からも新しいお知らせ。






3/18 fri.からはじまるkasi-friendlyでの『HAKAMA展』に


初めましてのテキスタイルが登場いたします。










『備後節織』


広島県東部で150年以上の歴史をもつ


日本三大絣のひとつ、備後絣から派生した「備後節織」


現在では2社となってしまった備後絣の織元が


旧式のシャトル織機でゆっくりと織り上げた


素晴らしい風合いをもつ貴重な綿織物です









この伝統的な生地を2種類使って蟻のアイテムを制作しております。








【節織 墨 (薄地)】




こちらの生地ではおなじみのハカマパンツの他、


昨年の夏にご好評いただきましたワンピースT、


そして初登場のヘンリーネックシャツを制作しております。



綿特有の柔らかい風合い、そして墨染のストイックな感じが


今までの蟻のお洋服とはまた、違った雰囲気に。


ヘンリーネックシャツは4サイズの展開になりますので、


男性にもオススメです。








【霜降】



こちらの生地ではワンピースTを制作しております。


ポコポコとしたネップ(節)が入っている糸を藍染し、


織り上げられたとても雰囲気のある生地。


シンプルなカタチのワンピースに仕立てることで、


より、この生地がもつ魅力が伝わります。








どちらも天然染めの特性上、摩擦やお洗濯による色落ちがあります。


(蟻でも何度か水通しをしておりますが、


落ち着くまではしばらくご注意ください)



お取り扱いに少し気を使っていただくことになると思いますが


どうぞ、日々、お洋服が育っていく感じを楽しんでいただけたら嬉しいです。


色落ちってともすると悪いイメージがあるかもしれませんが、


実は自然なことだと思いません??





お取り扱いについてご質問がありましたら、


どうぞkasiスタッフさんにお気軽に聞いてみてくださいネ。


ヨロシクお願いいたします。





 | HOME | 

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (107)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する