工房 蟻 メイド イン イワテ 3

工房 蟻

工房 蟻 の制作風景をのんびり綴っていきマス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイド イン イワテ 3






『メイド イン イワテ』なモノ、3回目のご紹介は

『ハックの家×工房 蟻』デス。



『ハックの家』

1996年に福祉作業所ハックの家を設立。
裂き織りは江戸時代から、東北地方で織られていたリサイクルの織物ですが、ハックの家では『花咲き織り』と呼んでいます。
絹の古布を細く裂き、一部草木染めをして、よこ糸に使用しています。 個性派ぞろいのメンバーが織り上げた布は不思議な魅力があります。
咲き織り工房の他パン工房やカフェもあり、とてもあたたかい気持ちにさせてもらえるところです。



ハックの家と蟻は5年ほど前からのご縁。
お互い慌ただしい毎日なのでなかなか会えないのですが、久しぶりに再会すると、そんなことを感じさせないくらいの懐でいつも蟻を受け入れてくださいます。
田野畑の海のように大きなソウルのハックのお母さん、そしてそれを引き継ぐ娘さんのあっこチャンそしてハックの家の皆さんが蟻は大好きデス。
そしてその場所から産み出されるモノたちも!





今回は花咲き織りでつくったがま口バック








花咲き織りのがま口バック
price:¥9,800-(税込)





そして花咲き織りと麻を合わせた一点モノのバッグ




花咲き織り×麻 バッグ
price:¥7,800-〜




今回はハックの家の新たな試み、同系色の花咲き織りをあえてえらんでみました。

商品数が少なく全て一点モノになってしまいますが、是非ハックのみんながコツコツ手仕事で織りあげた『花咲き織り』の生地を手にとって見ていただければ…と思います。

どうぞヨロシクお願いいたします。




※この商品は今回、鎌倉への出品となります。盛岡でのお問い合わせはkasi-friendly(019-606-3810)または工房 蟻サイジョウ(090-1932-5879)までお願いいたします。
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (110)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。