工房 蟻 Creative Table vol.2 

工房 蟻

工房 蟻 の制作風景をのんびり綴っていきマス。

Creative Table vol.2 


昨夜、盛岡市鉈屋町の町家で


『Creative Table vol.2 』というトークイベントが開催されました。








このトークイベント、エディションズの金谷さんが


私的なスタンスではじめたイベントで


学生をはじめ、デザインに興味のある方々に向けて発信するもの。


毎回、県内のクリエーターがゲストスピーカーで登場し、


金谷さんとゆるくお話していくスタイルです。



vol.1はRiSM CLOSETの中村さん


そして今回、誘っていただいたのがわたし。



イベント中に金谷さん曰く


「ゲストは身近な人に声をかけた」と言っていたけど、その通り


金谷さんとわたしは20年来のお付き合い。


ここ5、6年、なかなかゆっくり話をする機会がなかったけど


このイベントで久しぶりに金谷さんと懐かしい話や


近況などをお話することができました。






当日もたくさんの方に集まっていただき


『工房蟻が出来るまで』を拙くはありましたが


皆さんに聞いてもらい…


あっという間の1時間でした。


金谷さん目論み通り、青かったわたし達の画像、エピソードもお披露目。笑


(これが金谷さんの当初の目的はコレだったらしい!)


ほんとうに懐かしいやら、恥ずかしいやら。


(会場のほとんどの方々に初公開でしたが、


「懐かしい~~」て人もチラホラいたよね。笑)




でも、改めて振り返ってみると


その時代その時代で『いま、自分のするべきこと』をわりと


一生懸命考えていたな~、わたし。


と、不格好な昔の私さえも愛おしい感覚があったりして。



そして何より、どのタイミングでも必ずまわりに良き理解者がいて


わたしは多くの人、ものによって生かされてきたんだな~。と、改めて


感謝とそれに対する愛がいっぱい溢れた時間でした。










会場であたたかく見守ってくださった方々はもちろん


「行けなくてごめんネ」とメッセージくれた方々


ひっそりFBなどで様子を見てくれている方々


お手伝いしてくれた方々


町家のスタッフの方々、遅くまで鍵当番してくれたまりちゃん


そして誘ってくれた金谷さん



ほんとうに良い機会をありがとうございました。



久しぶりに『自分自身』 のことを考える時間を持つことが出来て


これからもっと、もっとニュートラルに!フラットに!ゼロに!近いていこうと


思った私です。




次回の『Creative Table vol.3』は


カネイリスタンダードストアの金入健雄さんがゲストスピーカー



興味のある方はぜひこちらをチェックしてみてくださいね→









関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (107)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する