工房 蟻 neutral

工房 蟻

工房 蟻 の制作風景をのんびり綴っていきマス。

neutral


 いよいよオープンが明後日にせまりました


2018 Spring&Summer Collection

- neutral -


今まで開いていただいた展示会の中で

それこそこんなにneutralだったことはあったでしょうか。


私の中でneutralとはゼロに近い感覚で。

ただただ無心で準備しようと、自分にいい聞かせながらの

今日まででした。


kasiのくみさんと何度も打ち合わせをして

たくさんの助言を受け取りました。

そして準備を進める中あらわれるハードルも

これまたneutralに乗り越える姿勢だったような気がします。


neutralは私の人生のテーマだと思っています。

それに気がつき始めたのは10年くらい前かな?

それまでの私は

「私にしか出来ない事はなんだろう」

「私という人間がいることを認めてもらうには何をしたら?」

とにかく「私」がなんであるかが知りたくて

「私」に大きく偏りたくて

必死だったように思います。


何がきっかけだったのかは忘れてしまったけど

とある雑誌のインタビューのお仕事を受けた際に

neutralに生きている人に憧れる、みたいな話を

一生懸命話していたなー、と思い出し

確信に変わってきたこのテーマを

これからの10年のスタートに掲げてみよう、と思ったのでした。


neutralという言葉が私に降りてきてから

私は少しずつ少しずつ生きていくのが楽になってきました。

そして幸せもどんどん増えてきました。


それがどうしてなのか?を私なりに考え

つくるモノを通して

(それは「カタチ」として目に見えるモノではないかもしれませんが)

皆さんと分かち合えますように

これからも制作を続けていくという

宣言のような展示会になります。




全くの私的な想いのようで実は

来てくださる方々

準備に携わってくださったすべての方々

あたたかく見守ってくださっている方々に

身を委ねるような想いです。


どうぞみなさん、遊びにいらしてくださいね。





2018.3.21~4.8

10:00-19:00

kasi-friendly ギャラリーにて


工房蟻 五日市 在店

3/21(13:00-17:00)、3/24 3/25終日



最後に。

このご案内をつくってくださった

heg  金野大介さん

kasi 下山久美さん

モデルのヤスオ君、kasi フミコさん


乱暴だな、と思いながら

「表現したいスタイルは特に無いです」と言った私の想いを

本当に。こんなに素晴らしく

「あたりまえの日常」に表現してくださって

ただただ感謝です。

ここから受けとったモノを糧にまた

neutralにもの作りに没頭させていただきます。

ありがとう!!!





関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (16)
工房日記 (68)
展覧会&イベント (128)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する