工房 蟻 工房 蟻の婚礼衣裳 2 (2011.6.11)

工房 蟻

工房 蟻 の制作風景をのんびり綴っていきマス。

工房 蟻の婚礼衣裳 2 (2011.6.11)

先週の土曜日。お昼過ぎからとっても良いお天気に・・・幸せなお二人を祝福しているかのような空。


2011年6月11日
長い時間をかけて作らせて頂いた詩織ちゃんのドレス。いよいよ彼女がドレスを身に纏う日がやってまいりました。


詩織ちゃんと出会ったのは2010年2月18日、盛岡でのクラブイベント『andon』でした。音楽とアートのコラボレーションイベントでインスタレーションを発表させていただいたのですが、その一角に蟻が制作したウェディングドレス。それを見て声をかけてくれたのが詩織ちゃんでした。(詳しくはこちらをご覧になって見て下さいね→http://andonweb.blogspot.com/2010/02/12movie.html)

少し控えめな感じでご自身の結婚のこと、ドレスのことを話してくれた女の子をわたしは忘れられませんでした。



それから・・・特に連絡を取り合った訳ではありませんが、盛岡でのイベントで偶々ばったり会ってお話したり、蟻のイベントに顔を出してくれたり・・・なんとなく詩織ちゃんとの距離が近くなっていく感じがしていた頃にご結婚が正式に決まったというお話を聞きました。



女の子にとって一生に一度の結婚式。ドレス選びは慎重になりますよね?まずは色々なドレスを着てみて・・・と衣装屋さんをまわってみた彼女。どれもこれも素敵だったけど、何かしっくりこない感じがあったようです。
そこで最終的に蟻でのオーダーに決めてくださいました。


そこから、何度も足を運んでいただき色んなお話をしました。彼女がお休みにしていること。好きな音楽。よく行くお店。二人でお話しているとあっという間に時間がたち、そしてわたしの詩織ちゃん像はどんどん変化していきました。見えそうで見えない彼女の頭の中(笑)霧の中を彷徨っているような感覚で中々ドレスのイメージを決めかねていましたが、おしゃべりの中から毎回いくつかのキーワードを拾っていきました。
華奢で儚げな女の子の中に、凛とした瞳や強い意思が見えて来たように思います。
朧げながらも基本の形が決まり、そこからは実際トワルを試しての具体的なデザイン選択。
彼女は忙しい中、ほんとうに何度も足を運んでくださいました。

3月11日も午前中、蟻の工房にちょっと早い桜をお土産に遊びに来てくれた詩織ちゃん。その後はほんとうにほんとうに色々な事があったと思います。
でもこうしてこの日を迎えられたことをわたしはずっと忘れられないと思います。心からおめでとう。そしてありがとう。




二枚のドレスを重ねて着用
インナーはラミーのシンプルなドレス。オーバードレスはレースと薄くベージュで染色されているコットンボイルをメインに使用したドレスです。



バックスタイル




花びらとパールを装飾



当日は披露宴にドレスの着付けと称して遊びに行ったわたし。とても綺麗な花嫁姿に見惚れてしまい、写真を撮るどころではなかったのですが(笑)少しだけ。





ドレスと合わせ制作したヘッドドレス





ヘッドドレスと同じ花びらを上半身に散りばめました




いよいよ新郎サマと入場です!




二次会はオーバードレスを脱いで、披露宴ではインナーに着ていたラミーのドレス姿






とても盛り上がった二次会の最後・・・




深夜のブーケトス



幸せを次に手に入れたのは・・・





画家のサトコちゃん!照れている笑顔が可愛かった♪




詩織ちゃんと出会ってから一年と四ヶ月。素敵なドキドキわくわくをありがとう!そして末永くお幸せに!!!
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (116)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する