工房 蟻 工房 蟻の婚礼衣裳 4 (2010.12.18)

工房 蟻

工房 蟻 の制作風景をのんびり綴っていきマス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工房 蟻の婚礼衣裳 4 (2010.12.18)

蟻の婚礼衣裳、第三弾。今回はミチコちゃんのウェディングドレスをご紹介させていただきます。


ミチコちゃんはインターネットでオリジナルのウェディングドレスを作っているところがないか検索して、工房蟻にたどり着いた現代派(笑)2010年の夏に、直接お電話でお問い合わせいただきました(ネットで連絡先を調べられたようです)。

こんな時にいつも思うのは、手探り感たっぷりな思いをお客さまにさせてしまっているのでは?という心配。だから、直接工房にいらしていただく時にはなるべくご負担のないように…と心がけます。
過去に手がけさせていただいたドレスなどを、簡単ではありますが見ていただいて、それからゆっくりご検討していただき正式にお返事をいただいています。

ミチコちゃん、ヒサシさんご夫妻の時も同じ。先ずはお気軽に遊びに来ていただき、お話をしました。

ミチコちゃんの工房蟻の第一印象は「ここでウェディングドレスを作っているの?!」(笑)


それも仕方が無い(笑)作業場然とした工房。如何にも…なイメージは全くありませんので(笑)
でもそれがミチコちゃん、ヒサシさんの創造力を幸運にも掻き立てたようで(笑)初めてお会いしたとは思えないくらいリラックスした雰囲気でお話させていただいたのを憶えています。


お二人とは10歳も年が離れているのに(ウェディングドレスのお客さまの場合はだいたいそうですが 笑)好きな映画のタイプが似ていたり、お話のテンポが近かったり。
そして何よりミチコちゃんは明るくて聡明な女の子。
お二人らしいご結婚のイメージがしっかりとしていましたので、何が必要で何がいらないかをはっきり整理されていました。

貸衣裳もたくさん着た上でのお話だったので、とてもスムーズにドレスのデザインが決まりました。



ヒサシさんのご希望や、実際ドレスを着た雰囲気で「マーメイド」ラインのドレスに。そして、とにかく「シンプル」であることにこだわりがありましたので、貸衣裳ではなくオーダーメイドを選ばれたようです。

*披露宴会場のイメージは「トリコロール」
*新郎サマの衣裳は「ネイビー」でドレスもリンクさせたい
*カクテルドレスがないので2Wayタイプのドレス

などなど、しっかりご希望がありましたのでさりげなく蟻のエッセンスを取り入れ、お二人のご希望を最大限に形にする事に専念しました。



そして…2010年12月18日、晴れの良き日を迎えられました。










チャペルでの挙式はシンプルな純白のドレス姿。
スレンダーラインとマーメイドラインの中間くらいで、ミチコちゃんのスタイルがより引き立つように仕立てさせていただきました。

これは採寸、パターン制作、縫製全てお客さまに合わせた完全なオーダーメイドだからできる事。お一人お一人それぞれお似合いになるドレスのラインがあります。





披露宴では先ほどのドレスにジョーゼットをたっぷり使用したオーバースカートを重ねてイメージをチェンジ。






ウェストをマークしているベルトと、バックスタイルのポイントになっているリボンは、新郎サマのスーツと同じ生地を使用しました。
これもオーダーメイドの成せる技。






幸せいっぱいのお二人。


きっとこれからもヒサシさん、ミチコちゃんらしい毎日を過ごされるんだと思います。

どうぞ、末永くお幸せに!!
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (110)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。