工房 蟻 3回目のお台所工房inNHK文化センター 2

工房 蟻

工房 蟻 の制作風景をのんびり綴っていきマス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回目のお台所工房inNHK文化センター 2

クリスマス三連休が過ぎて…今年もあと少し。
蟻はアレも!コレも!今年のうちに…と気持ちだけが慌ただしい気もしますが(笑)
すっかり冬らしく凍りついた道、すべって転んだりしないように、結局は出来る事しか出来ませんと心を落ち着けて一日一日を過ごして行きましょう。

少し前になりますが(笑)12月17日の土曜日にお台所工房がありました。
今回は11月にお申し込みいただいたけど定員がいっぱいになってしまった!と言う事情で、急遽、12月に同じお題でひらかれたお台所工房。
ですから、以前ブログでもチラリとご紹介した「紅茶染め」のお台所工房になります。

この「紅茶染め」
私が考えるに、草木染めの入門編にはピッタリ。
紅茶が好きな方なら毎日飲んだ紅茶の残りを使っても良いし、お台所の片隅に紅茶のティーバッグって何個かあったりしませんか?
それを、すごーく濃いお茶を飲むように煮出してしまえば染液の出来上がりです。

私もヨモギを摘んだり、胡桃やドングリを拾ったりして草木染めをする事に憧れを抱きつつ、なかなか実現出来ない日々。でも、「紅茶染め」なら思い立った時に簡単にナチュラルな染めを楽しめます。
と言うことで…。3回目のお台所工房は「紅茶染め」


小さなボウルやおなべでも簡単に染められるように、今回は薄いシルクのストールを使用しました。






こんな感じで濃く煮出した紅茶の液(染液)にストールを浸し、弱火でコトコト煮込みます。なんだか美味しそう(笑)


今回の媒染は鉄とアルミの二種類。
鉄は古い釘、アルミはミョウバンを使いました。どちらもお料理に使うくらいの量なので、お台所で染色するのに安心です。


鉄で媒染するとグレーがかった色に変化します。





参加された皆さん、染液の色が変わる鉄媒染を選ばれる方が多かったです。なんだか化学の実験みたいで楽しそう。紅茶そのものの色を楽しみたい方はミョウバンで媒染されました。



染めむらが出来ないように菜箸を使ってストールを広げたり、ひっくり返したり…



「もう少しグレーにしたいなー」と鉄媒染液を足したり…
「ちょっと色を確認してみましょう」と途中でストールを引き上げて色を確認したり…

染色にも色々あるけれど、お台所工房の染色は「良い加減」
ルールは最低限、後は味見をしながらそれぞれの味に仕上げていきます。


そして…



こんな素敵な絹のストールが染め上がりました。






同じ材料を使ってもホラ、この通り。
七人七色。皆さん、それぞれの想い描いた色に。素晴らしい!


思ったより簡単に出来ると言うご意見が多数(笑)是非、お家に帰ってからも思い立ったら「紅茶染め」してみてくださいね。
参加者のみなさん、楽しいひとときをありがとうございました。


追伸:あやこチャン、写真提供ありがとう♪バッテリーの充電、しっかりします!(笑)


関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

工房 蟻

Author:工房 蟻
工房蟻  五日市 美子
〒020-0877
盛岡市下の橋町1-26-2F
Tel 019-625-2322


メールフォーム

作品に関するお問い合わせ、取材等に関するメールは「メールフォーム」からお願いします。(メールアドレスなどは公開されませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ)

名前:
メール:
件名:
本文:


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ

HAKAMA pants (6)
未分類 (15)
工房日記 (67)
展覧会&イベント (110)
蟻の定番 (21)
作品のお知らせ (21)
ウェディングドレス (9)
お台所工房 (12)
蟻の独りごと (35)

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。